カードローン審査|職場への電話連絡はスタッフ個人名で行われる

カードローンは他人にお金を融資するサービスなので、銀行や消費者金融会社などの金融機関にとっては、申込者に安定した収入があるかは重要な情報となります。
要はキチンと返済してもらえるのかの返済能力の審査になります。

カードローンに申込した後は、申込確認(意思確認)や本人確認をメールや電話で行われます。
そして返済能力の確認として勤務先への在籍確認があります。

在籍確認はそのままの意味ですが、申込書に記載された自宅の住所や勤務先の会社に本人が本当にいるかどうかの確認のことです。
方法としては電話か書類で確認を行いますが、基本的には電話での確認となります。

職場への電話が入ると上司・同僚などのスタッフにキャッシングの利用がバレてしまいそうですが、各社の在籍確認では担当者の個人名で連絡をくれるのでばれることはありません。

担当者「山田(仮)と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」

職 場「○○は只今、席を外しております。」

担当者「かしこまりました。では、改めて連絡します。」


要は在籍していることが分かれば言いので、この程度のやり取りで終わります。
私自身、カードローンに申込した場合、在籍確認の時は無人契約機に向かっていたので留守でしたが何も問題はありませんでした。
銀行カードローンの在籍確認の場合は、銀行名を名乗ってもらうことも可能です。
銀行からの電話であれば変に構える必要はないかもしれませんが、希望することで行名か個人名かどちらでの連絡か事前に相談しておくと良いでしょう。

ただし、キャッシング経験者が電話に出られた場合、何かしら怪しまれる可能性はあります。
事前に「クレジットカード会社から連絡が入る」など通達しておくことも効果的ですね。

それでも在籍確認の電話はない方が安心できます。
大手消費者金融でもあるプロミスでは、最近、在籍確認を勤務先が分かる書類を提出することで電話連絡の代わりにすることもできるようになりました。

給与所得者であれば、在籍確認書類として健康保険証や給与明細書が利用できます。
保険証や給与明細書には、会社名が記載されているので所属の証明書となります。



○モビットのWEB完結申込なら在籍確認無し

プロミスと同じ消費者金融のモビットであれば、在籍確認の電話が行われません。
全てインターネットで手続きを済ませることができるので、自宅への郵送物もないカードレスでの契約になります。
利用条件は、三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行のいずれかの銀行口座を持っていて、なおかつ、全国健康保険協会が発行する社会保険証を持っている必要があります。

在籍確認の電話は収入元の確認のために行われているものです。
担当者個人名での連絡ということもあり、必要以上に心配する必要はありません。
ただし、自宅の電話番号で申込みするとタイミングによっては家族にばれてしまいます。
個人の携帯電話の番号を活用し、申込した後は電話がかかってきても出られるように準備しておきましょう。