カードローンの審査なし?現状のキャッシング利用履歴を確認

カードローンに限らず、クレジットカードなどもそうですが、審査なく利用できる金融機関があれば、それは闇金業者(ヤミ金融)の可能性も疑わなければなりません。
多重債務者であれば銀行や大手消費者金融に申し込みしても、なかなか審査通らない状況のはずです。
いよいよ債務整理や自己破産などの直前までいくと、「審査なし」などの広告が目には入ると申し込みせずにはいられないでしょう。
しかし、現実的に、審査なくお金を借りられる貸付業者は、まず、疑いから入るべきです。
言葉の印象で簡単に飛びつくと、闇金業者だった場合、法律で守れない面もあり、後々に高い金利などで余計に借金が増えて返済が更に困難になるケースも予想されます。
そもそも、名前の知られるような消費者金融業者の審査で何社も引っかかるということは、何かしら利用者ご自身に問題がある可能性があります。
現在のキャッシング利用状況、過去の返済実績、返済能力、金融業者が貸付を控える理由をよく考えてみましょう。

個人信用情報とは、信用情報機関で管理されているクレジットやローンの個人の取引履歴などのデータのことですが、過去に支払い滞納や延滞を繰り返している場合、ここに金融事故として履歴が登録されている可能性もあります。
正式には存在していませんが、金融事故の情報が俗に呼ばれるブラック情報とも言われるものです。
一度、信用情報に登録されてしまうと5年近くは履歴が残ってしまうため、その間の融資や審査通過は困難になります。
また、カードローンに申し込みした履歴なども6ヶ月間は保存されます。
同時に何社にも申込むと複数の履歴が残り(申し込みブラック)、「他社も落としている」というような捉え方をされるケースも考えれます。
手当たり次第に申込むのではなく、今一度、自分の利用履歴を調べてみましょう。



○収入証明書類の提出なし

「収入証明書類の提出不要」としている金融業者もありますが、これは審査がないという訳ではありません。
消費者金融を対象とする貸金業法でも、一定以上の貸付には、収入証明書の取得義務があるので、あくまで収入証明書の提出条件が高いというだけです。
SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは、給与明細書などの収入証明書を提出することによって、在籍確認の書類とすることもできるので一石二鳥です。

また、消費者金融は、本人年収の1/3までしか借りれない総量規制の対象となっています。
すでに年収の1/3以上借りている状態にも関わらず、審査なし、さらに上乗せで借してくれそうな金融会社には注意しましょう。
※銀行カードローンは総量規制対象外

カードローンの利用には審査はあって当然のものと考えておきましょう。
審査になかなか通らない時は、改めて借り入れ理由、現状の借り入れ状況を整理しましょう。