カードローンの審査基準は安定収入と返済能力が重要ポイント

カードローンは、生活資金が苦しい時や急な出費で現金を調達できない時、気軽にキャッシングできる便利なサービス。
ローンカードを活用して提携ATMからの借入、インターネットからの手続きをする振込融資などを受けられるようになります。
しかし、カードローンを利用するには審査を通過しなければなりません。
一般的には、銀行カードローン(ネット銀行含む)、または、消費者金融への申し込みとなります。
業者によってサービスのメリット・デメリットが異なり、審査基準も各社で定められているため、「○○銀行の審査に落ちたけど、消費者金融○○からは借りれた。」などの可能性も十分に有り得ます。

主な特徴

  • 銀行カードローン・・・低金利。審査が厳しい。手続きに時間がかかる。
  • 消費者金融・・・やや高金利。審査が柔軟。融資スピードが早い。

審査基準としては、消費者金融の審査が柔軟とされており、借入までスムーズな手続きが行えます。
とはいえ、消費者金融も銀行と変わらず、申込者の情報を元に審査を行います。
下記の3つは、どこの貸金業者に申込したとしても、審査の際には必ず見られる情報と思っておいてください。

審査の重要ポイント

  • 安定した年収(収入)があるか
  • 他社借入件数・借入額
  • 過去の返済実績(返済・滞納)

安定した収入

前提として、お金を借りるわけですから、返済する義務が当然あります。
返済原資といえば大げさかも知れませんが、やはり、安定収入があることは審査でも有利な要素となります。
もちろん、収入額が大きければ大きいほど良いことは言うまでもありません。
また、貸金業法の総量規制により、消費者金融からの借入は本人の年収1/3までと定められています。
申込時に源泉徴収票や給与明細書など収入証明書を提出することもポイントになります。

他社からの借入金額

安定した収入があればと言いましたが、仮に毎月50万円の収入があっても、月々30万円を返済に充てているとすると手元に残る金額はどうでしょうか。
新たに借金を増やしても返済が苦しくなることは安易に予想ができます。
借入件数が多いとそれだけお金に困っているという判断にも繋がるので、収入額と併せて返済能力の判断の一つとされます。

過去の返済実績

クレジットカードやローンの支払いに加え、今日では携帯料金も本体を分割払いにしているとローン扱いとなるので注意が必要です。
支払いにおける滞納・延滞、債務整理、自己破産などは、金融事故(事故情報)として信用情報に履歴が残ります。
審査では信用情報機関のデータに照会して過去の返済実績や現状の借入状況を調べます。

もちろん、審査ポイントは上記の3つだけではありません。
この他にも、個人情報をはじめ、固定電話の有無、居住年数、勤務先、勤続年数、雇用形態なども審査において重要な項目になります。
例えば、アルバイト・パート・派遣社員をしている方と、大手企業などで正社員として働かれている場合では、収入面・安定面でも後者が有利となりそうですよね。
だからといって、少しでも審査を有利にしようと嘘の会社名で申込しても、職場への在籍確認で簡単にばれてしまうので絶対にやめましょう。
審査において信用力が失われるような行為は控えなければなりません。

金融機関によって基準が異なるとはいえ、あくまでカードローンの審査基準として重要なのは返済能力の有無です。
自分自身の収支を申込前に今一度シッカリと確認することが大切になります。




カードローン情報 おすすめサイト

初めてカードローンを利用する方にとって、申し込みに踏み切るには色んな情報が必要です。
私自身がそうでしたが、やっぱりお金を借りるとなると不安だし、どこかお金を借りるのは恥ずかしいという思いもあります。
また、家族や知人など誰にもばれずに契約したいという思いもあると思いますが、銀行や消費者金融など貸付業者も豊富で、結局はどこの金融機関を活用すべきか分からなくなってくるものです。

それでも無人契約機での契約であれば、無人の利点を活かして誰にも会わない点や遅くまで営業しているメリットを知り、色々と調べていました。
無人契約機を設置している業者から借り入れすることを決めて、インターネットで検索している時に「無人契約機検索サイト アトムくん」という無人契約機のデータベースを持っている検索サイトを見つけ、便利に活用することができました。

このサイトでは、特定の業者の無人契約機の情報だけでなく、複数業者の無人契約機情報が登録されています。
住んでいる都道府県の契約機をまとめて検索することができ、マップでの位置情報だけでなく、曜日別の営業時間まであるので情報収集がスムーズに済みました。

また、無人契約機の情報とは別に、業者別の情報コンテンツも掲載されています。
ピックアップしたテーマごとにまとめてくれている情報や他社との金利比較などを表にして分かりやすく見せてくれているので参考にしやすいコンテンツでした。
個人的には、管理者のカードローン申し込みの実体験によるアドバイスが何より信頼できる情報だと感じています。

結果的に私も無人契約機を活用して周囲にばれずに契約することができました。
参考にした記事の通りに、要所を押さえておけば何もキャッシングは心配ないものだと改めて実感しています。
誰だって始めてのキャッシングには抵抗があると思いますが、きちんと情報収集して、自分の目的に合ったカードローン業者を選択することができれば、キャッシングを有効的に利用することができます。
アドバイスとしては、まずは、大手消費者金融やメガバンクのカードローン情報から調べてみるのはいかがでしょうか。